よく分かる!「MSC認証」「ASC認証」

「MSC認証」「ASC認証」って言葉を知っているかな? これを「知っている!」という子がいたらすごいと思うなあ。だって大人でも多くの人は、初めて聞く言葉だと思うから。ここでは「MSC認証」「ASC認証」がいったいなんなのか?どうして生まれることになったのかなどについて、クイズ形式で紹介(しょうかい)していくよ。今、世界の海はちょっとピンチな状態になっているようなんだ。みんなも「MSC認証」「ASC認証」を知って、お魚がいっぱいの海を取り戻(もど)すお手伝いをしよう!

日本の海の大きさを知っている?

日本の海の大きさを知っている?

答え:約447万㎦。これは世界でも有数の広さなんだ。日本は小さい島国なのにどうして?って思う人もいるかもしれないね。“日本の海の大きさ”とは“領海”を意味していて、これは“その国の海”として認められる範囲(はんい)を言うんだ。日本は縦に長くてぐるりと海に囲まれているから、国土は小さいけれど、領海は広いんだね。

日本の海には何種類の生き物が住んでるの?

日本の海には何種類の生き物が住んでるの?

答え:世界の海に住んでいる127種の海棲哺乳類(かいせいほにゅうるい)のうちの50種と、約300種いるといわれる海鳥のうちの122種。さらに約15,000種の海水魚のうち約3,700種が日本の海に住んでいるんだ。このうち日本にしか住んでいない海水魚が約1,900種もいるんだよ!驚(おどろ)きだね。

お魚は世界中の人が食べられるくらいたくさんいる?

お魚は世界中の人が食べられるくらいたくさんいる?

答え:実は世界で主に食べられている水産資源のうち、8割以上がすでに限度以上に漁獲(ぎょかく)されてしまっているんだ。このままだと食べられなくなるお魚がたくさん出てきてしまうかもしれないんだよ。

穫(と)れるお魚の量が少なくなっているってほんと?

穫(と)れるお魚の量が少なくなっているってほんと?

答え:40%
40%もの水産資源が少ないとされてしまっているんだね。心配だね。

どうしてお魚は少なくなっているの?

どうしてお魚は少なくなっているの?

答え:いろいろな問題があるのだけど、例えば、お魚が住みにくい環境(かんきょう)になってしまう、環境汚染(かんきょうおせん)や環境破壊(かんきょうはかい)などの物理的な問題。あとは最近の猛暑(もうしょ)などのお天気の問題や元々日本の海にいなかった海洋生物に日本にしかいなかった生物が食べられちゃう、なんてことも関係があるね。さらに今までお魚を取りすぎてしまった、ということも原因のひとつなんだよ。

「天然」と「養殖(ようしょく)」ってなんだと思う?

「天然」と「養殖(ようしょく)」ってなんだと思う?

答え:漁業の方法には“天然”と“養殖(ようしょく)”の2種類があるんだ。“天然”とは自然に住んでいる海のお魚を獲(と)ることで“養殖”とは人間が人工的にお魚や貝、海藻(かいそう)などを生簀(いけす)などで育てることをいうんだよ。

漁業でできることってどんなこと?

漁業でできることってどんなこと?

答え:“天然”の場合には、まずお魚を獲(と)りすぎないことが大切だね。あとは他の生物にも心を配って、海の生態系を壊さないように気をつけなきゃいけない。“養殖(ようしょく)”の場合にはエサになる魚を使いすぎない、水を汚(よご)したり環境汚染(かんきょうおせん)をしないこと。魚を育てる時に抗生物質(こうせいぶっしつ)などをたくさん使わないことなどが大切だよ。

水産資源を守る「MSC認証」ってなーんだ!

水産資源を守る「MSC認証」ってなーんだ!

答え:豊かな海の恵(めぐみ)をこれからもずっと受け続けるために、きちんとした管理のもとで獲(と)られた水産資源(すいさんしげん)である、ということを証明してくれるのが「MSC(海洋管理協議会)認証」なんだ。“海のエコラベル”ともよばれているんだよ。

「ASC認証」を知ってるかい?

「ASC認証」を知ってるかい?

答え:養殖(ようしょく)については問題7で説明したよね。「ASC(水産養殖管理協議会)認証」というのは、責任ある養殖によって生産された水産資源(すいさんしげん)であると証明されたものなんだ。このマークがついているということは安全安心な水産資源であることの証なんだね。

水産資源(すいさんしげん)を守るためにできること

水産資源(すいさんしげん)を守るためにできること

答え:正しい方法で魚を獲(と)ったり、加工したり、売ったりしていて、水産資源や環境(かんきょう)に配慮(はいりょ)した商品であると認められた「MSC認証」「ASC認証」のマークがついた商品を買うことで、水産資源を守ることにつながるんだよ。

「MSC認証」「ASC認証」商品ってどのくらいあるの?

「MSC認証」「ASC認証」商品ってどのくらいあるの?

答え:全世界には「MSC認証」「ASC認証」がついた商品が29,000品目以上もあるんだ。それに比べると日本はまだまだ少ないけど、約560品目もあるんだよ!きっとみんなの好きなものが見つかるはずだよ。
※2018年6月20日現在

どんな魚に「MSC認証」「ASC認証」がついてるの?

どんな魚に「MSC認証」「ASC認証」がついてるの?

答え:みんなが大好きなサーモンやタラコ、シシャモやエビ、パンガシウスっていう白身魚の商品もあるよ。タラコやサケはおにぎりになっているから、手軽に食べられるね。大人の人と一緒(いっしょ)に買い物に行って「MSC認証」「ASC認証」商品のことを話したら、ちょっと見直されるかもしれないぞ!

イオンで販売している「MSC認証」「ASC認証」の食品

イオンのさかな

イオンは安心安全な本当においしいお魚だけを食卓(しょくたく)に届けたいって思っているんだ。そのために色々な取り組みをしているんだよ。そんなイオンが行っている取り組みや、どんなお魚や商品があるのか、そもそもなぜ、安心安全といえるのかなどについて、説明しているよ。さらに、お魚のレシピも紹介(しょうかい)しているから、食べたい料理があったらお父さんお母さんに伝えてね。このページは大人向けのすこし難しい言葉で書かれているから、お父さんお母さんと一緒(いっしょ)に見るのもいいかもしれないね。安心で安全なおいしいお魚を食べることの大切さを学ぶことができるよ。

持続可能な水産業の証―MSC, ASC

「サステナブルシーフード」って言葉を知っているかな?今、世界中のお魚は獲(と)りすぎだと言われているんだ。これから大人になる10年後、20年後にマグロやサケが食べられなくなっていたら嫌(いや)だよね。そんなことにならないように、イオンでは様々な取り組みを行っているんだ。今のままお魚を獲り続けていたらどうなるのか、急激に増加している養殖(ようしょく)が海に与(あた)えている影響(えいきょう)…そして、将来も今のようにお魚をおいしく食べられるためにはどうしたらいいかなどについて、紹介(しょうかい)しているよ。将来ののために今からできること。ぜひお父さん、お母さんと一緒(いっしょ)に見てみてね。

夏休みの自由研究にピッタリ!? 海のエコラベルについて調べてみよう!

ページトップへ戻る