知ってほしい!「ローリングストック」という備蓄方法~ 子持ち3人家族が必要なものとは?“3日間のストック品生活”を体験レポート!

皆さんは「ローリングストック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?近年、防災への意識も高まり、少しずつ浸透しつつある、ローリングストックとは、「日常的に食べたり使ったりして、買い足す」ことを繰り返し、災害時に備えることです。

イオングループでは、皆さまの日々の生活に身近な存在だからこそ「ローリングストック」を推奨しています。そこで今回は「ローリングストック」で必要なものはなんなのか?ということをご紹介するため、初めにいくつかのポイントをお伝えしつつ、食品限定で3日間のストック品生活体験をレポート。記事を読んでいただくことで、各ご家庭にあったローリングストックを行う参考になればと思います。


災害にそなえて必要不可欠な「ローリングストック」

“公助” “共助” “自助”という言葉をご存じでしょうか?

  • “公助”とは、行政による救助や支援活動のこと。
  • “共助”とは、企業や地域コミュニティで共に助けあうこと。
  • “自助”とは、自分で自分を助けること。

災害時、どれも必要ですが、特に自分で自分を助ける力を付けておくことは、とても大切です。
自助として、食品や水などの備蓄をされている方は多いと思います。しかし、代表的な非常食のカンパンなど、保存期間が長い食品を備えている皆さんは、それが今どこに置いてあるか分かりますでしょうか?賞味期限の確認を最後にしたのはいつでしょうか?

どこに置いてあるかわからない、賞味期限が切れているなど、備蓄をしていても、いざという時に役に立たないことも多いと思います。そこで、ふだんから食べている食品を少し多めに買っておいて、切れる前に「買い足し」をして、常に新しい食品を備蓄する「ローリングストック」は、日常の生活をしながらできる備蓄方法であり、自助の一つになります。

災害が起こった時、家が倒壊しなかった場合は自宅で過ごす場合があります。その場合、通常、4日目あたりからライフラインが戻ってくると言われているので、3日間は家の中にある食品でしのがなければいけません。そこで、“3日間”生き延びるためのローリングストックについて、ポイントを4つお伝えします。

ポイント1:常温で食べられる食品であること
災害時、基本的には電気やガスは使えません。つまり料理をすることができないのです。そこで、レトルト食品や、自然解凍で食べられる冷凍食品をストックしておくことが重要になります。レトルト食品は、真空にしてから一度、加熱をしているので、そのまま食べることができます。

ポイント2:ふだんと同じ食品があると安心
避難所では「子どもが支援物資を食べない」「食物アレルギーがあるので支援物資が気軽に食べられない」という声があったといいます。特に子どもたちは災害にあってパニックになり、ストレスで食欲がわかなかったりと、「ふだんと同じもの」でないと、食べられなくなってしまうことがあるのです。そこで、ふだんから食べている食品をストックしておくと安心です。

ポイント3:水分のあるものをストックしよう
大人も子どももストレスで食欲がなくなると食事が喉を通らなくなってしまいます。そんな時、スムーズに栄養補給ができるドリンクゼリーが重宝します。また、水分があって、あまり噛まずに栄養補給できるという面で、レトルトのミネストローネやクラムチャウダーなどもおすすめです。

ポイント4:ドライフルーツは強い味方!
大人・子ども問わず、災害時はストレスからか甘いものを欲するようになるといいます。なかでも、女性は果物系の甘さを欲することが多いのですが、支援物資では新鮮な果物はなかなか入ってこないので、甘さがあり、食物繊維を摂ることができるドライフルーツがあるといいでしょう。


都内在住の3人家族にローリングストック生活を体験してもらいました!

夫、妻、3歳の娘の3人分3日間の食品をそろえると…

〇家族構成
佐藤さん(仮名)
夫(38歳/会社員)、妻(37歳/会社員)、長女(3歳7か月/保育園)

今回、佐藤さんご家族にストック品生活を行っていただきました。佐藤さんご夫婦は、共働きで、ふだんからレトルト食品や冷凍食品を利用しているそう。ローリングストック用に用意した食品を見せていただくと、ご夫婦がお好きなお菓子やお気に入りの缶詰なども入れて、3日間過ごせるように準備されていました。ローリングストックの4つのポイントを元に、ドリンクゼリーやスープ系レトルト、甘いものなどもしっかりそろっています。

家にあったものもストック品生活体験に利用

家にあったものもストック品生活体験に利用

「今回の体験では、家に元々あった食品も活用しました」と奥さま。ふだんからおつまみで食べている冷凍枝豆とお弁当に利用している冷凍和惣菜、安くて手軽な冷凍野菜は、災害時に不足しがちな野菜を摂るために。災害時に欲するという果物も、いつも娘さんのデザートとして食べていた冷凍ベリーミックスを用意。また、主食になりそうな白がゆと梅がゆ、玉子がゆは、病気の時用のストックが少しあったそうで、それも活用されたそう。そして、おやつとしてご主人が大好きなポテトチップス、奥さまと娘さんがよく食べるという、うすやきせんべいもストック食品に。味付けのりは、おやつとしてもご飯のお供としても家族全員が好きなので入れたそうです。生きるのに必要不可欠な水分は、ふだんから水を2L×6本入りのケースで3箱ストックしているので、足りるかな?と心配されながらも、ストック品をそのまま利用されていました。


【家にもともとあった食品】

  • トップバリュ 電子レンジで手軽に ミネストローネ 170g×3
  • トップバリュ グリーンアイ 有機野菜ミックス 300g×1
  • トップバリュ 塩味茶豆(台湾産)310g×1
  • トップバリュ セレクト きはだまぐろとろ バジルソース 75g×1
  • トップバリュ セレクト きはだまぐろとろ ゆず胡椒仕立て 75g×1
  • トップバリュ 6種の和惣菜 90g×2
  • トップバリュ 白がゆ 250g×3
  • トップバリュ 玉子がゆ 250g×1
  • トップバリュ 梅がゆ 250g×1
  • トップバリュ 4種のベリーミックス 150g×1
  • トップバリュ 味付のり 12切 5枚×30束入×1
  • トップバリュ グリーンアイ フリーフロム 厚切りカットポテトチップス のりしお味 60g×1
  • トップバリュ グリーンアイ フリーフロム 塩だけで味付けしたうすやきせんべい ×1
  • 水 2L×6本×3ケース

足りない食品を「おうちでイオン イオンネットスーパー」で購入!

足りない食品を「おうちでイオン イオンネットスーパー」で購入!

家のストックで足りないものは、ネットスーパーを使って購入したという奥さま。ふだんから利用されているようで、慣れた手つきでドリンクゼリーを検索。病気の時にも使えるし、熱中症対策にも良いということで箱で購入されました。それから、栄養補助食品系とドライフルーツ、足りない主食とスープ系のおかず、冷凍野菜や冷凍枝豆、冷凍総菜を購入。

「冷凍野菜や冷凍枝豆は少し多いかなと思ったのですが、ふだんから意識して野菜を摂るようにしているので、災害時でもふだんの食生活に近づけるために購入しました」と奥さま。ポテトチップスが大好物のご主人が「災害時にこれがあれば元気になれる!」と譲らず購入したそうです。災害時に本当に欲するかどうかは分かりませんが、好きなものをストックしておくのは良いことですね。

それから、ストレスなどで急な体調不良が起きることも想定して、イオンの“やさしごはん”シリーズを購入されたそう。実はこれはぜひマネしていただきたいストック食品の一つ。“やさしごはん”は、アレルギーに配慮し、特定原材料7品目(卵・乳・小麦・落花生・そば・えび・かに)を使用していないので、これらのアレルギーをお持ちの方は、ふだんの食事でも食べていただいて、ローリングストックに活用いただくと安心だと思います。

【購入商品】

  • トップバリュ 電子レンジで手軽に ミネストローネ 170g×3
  • トップバリュ 電子レンジで手軽に クラムチャウダー 190g×3
  • トップバリュ ざっくりライトミール ブランサンド ブルーベリー味 4枚×3
  • トップバリュ ざっくりライトミール ブランサンド ストロベリー味 4枚×3
  • トップバリュ ライトミールブロック チョコ味 4本(81g)×3
  • トップバリュ グリーンアイ 有機野菜ミックス 300g×2
  • トップバリュ 塩味茶豆(台湾産)310g×2
  • トップバリュ セレクト きはだまぐろとろ バジルソース 75g×1
  • トップバリュ セレクト きはだまぐろとろ ゆず胡椒仕立て 75g×1
  • トップバリュ 6種の和惣菜 90g×1
  • やさしごはん 野菜と米ピューレでつくったポークカレー×3
  • やさしごはん 野菜と米ピューレでつくったホワイトシチュー×3
  • やさしごはん 豚肉と野菜・米ピューレでつくったミートソース×3
  • 【ケース販売】トップバリュ ドリンクゼリー マルチビタミン11 グレープフルーツ味 180g×24個
  • トップバリュ 白がゆ 250g×9
  • トップバリュ 鮭がゆ 250g×3
  • トップバリュ 玉子がゆ 250g×2
  • トップバリュ 4種のベリーミックス 150g×2
  • トップバリュ グリーンアイ フリーフロム 厚切りカットポテトチップス のりしお味 60g×2
  • トップバリュ いいわけおやつ 大豆きなこチョコ 37g×3
  • カカオ70%の ダイジェスティブビスケットチョコ×2
  • レーズン Raisins×1

やさしごはん

「家族みんなで食べられる、カラダにやさしい食事」。特定原材料7品目「卵・乳・小麦・落花生・そば・えび・かに」を使わず、おいしく満足できる味に仕上げています。料理の手間を軽減し、メニューの幅が広がるように心を込めてつくっています。


朝食はシンプルにおかゆとお総菜

朝食はシンプルにおかゆとお総菜

佐藤さんご一家にストック品生活を体験していただいた感想を伺いました。

「朝食には、おかゆとお総菜、枝豆を食べました。飲み物は常備していたお水です。娘におかゆ一袋は多いかなと思いましたが、結局完食しなかったのは1日目だけ。娘が残したものは夫がペロリと食べちゃいました。娘は枝豆が好きで、あればあるだけ食べてしまうので、小分けにして用意。3分の1袋くらいの量を常温まで解凍しようとすると、冷房を入れていない約32度のキッチンで1時間ちょっとかかりました。冷たいままで食べるなら、30分程度で大丈夫そうです。キッチンペーパーなどに広げて解凍すればもっと早かったのかなと思います。同じように、カップのお総菜もカップのまま解凍すると、1時間ちょっとで解凍されてほぼ常温になりました。少しだけ冷たいところが残ってはいたのですが、気にはならない程度です。どちらもいつもは電子レンジで解凍をしていたのですが、自然解凍でおいしく食べることができました。

別の日の朝食は、エナジーフード(ざっくりライトミール ブランサンやライトミールブロック)で、手軽に済ませる日もありました。お昼ご飯やおやつにもエナジーフードを食べましたが、簡単に栄養が補給できるのでとても良いなと思います。」

※日常生活では食品パッケージに記載の方法を守って正しく食してください。

昼食はおかゆとたっぷり野菜を入れたスープ!

昼食はおかゆとたっぷり野菜を入れたスープ!

「昼食はおかゆと、たっぷり冷凍野菜を入れたスープ。そして、飲み物は常備していたお水です。このメニューは、いつものように野菜が摂れてボリュームもでるので大満足でした。冷凍野菜は冷房の入っていない約32度のキッチンで1時間15分くらいで解凍。ブロッコリーがゴロっと大きくてしっかりしているので、芯の部分が解凍されるまで時間がかかりましたが、食べ応えは抜群です。自然解凍だとクタッとなってしまうかな?と心配だったのですが、歯ごたえもよくてすごくおいしかったです。」

気分転換におやつタイムも!

気分転換におやつタイムも!

「災害時、おやつの時間を設けることは難しいかと思いますが、今回はストック食の体験という事で、日常に近づけるために、おやつの時間も設けました。
家族全員、常備していたお水と共に、私は娘と一緒に、おせんべいと味付けのりを、夫はいつもと変わらないポテトチップスを食べて大満足。食事のときより、塩分のある乾き物を食べたので、私と夫はお水を追加して2杯ほど飲みました。災害時にも、好きなものがストックされていると、支えになってくれるかもしれないなと思いました。

また、もちろん外出時にも、ドリンクゼリーとビスケットチョコの携帯を開始。とても暑かったのでドリンクゼリーは、熱中症対策に役立ちました。が、ビスケットチョコは暑くて、喉を通りませんでした…。災害時に水は貴重ですし、特に喉が渇いている時は、食べるのをためらってしまう気がします。甘いものを欲するようになると聞いて、ビスケットチョコを購入したのですが、ドリンクゼリーくらいのちょっとした甘さの補給がちょうど良いのかなと思いました。」

夕食はちょっとぜいたくに!

夕食はちょっとぜいたくに!

「夕食は毎日ちょっとぜいたくにしてみました。私的にヒットだったのは、玉子がゆとやさしごはんのミートソースをかけた組み合わせ。洋食感があり、すごくおいしかったです。玉子のトロトロがミートソースにからんで、日常食としてもいいなと思いました。冷凍ベリーは写真の分量が1袋なのですが、1回の食事で3人でペロリと食べてしまいました。飲み物は常備していたお水です。」

1日半過ごして、実は急きょ買い足しをしたもの!

1日半過ごして、実は急きょ買い足しをしたもの!

「実は、最初に用意した食品だけでは3日間耐えられないと思い、実際に災害に遭っている際はできないと思いながらも、今回は体験という事で特別に買い足しをさせていただきました。」

【追加購入食品】

  • 日本ハム 国産和風からあげ 6個×1
  • 日本ハム 国産若鶏塩からあげ 6個×1
  • ケイエス 国産鶏鶏つくね串 6本×1
  • トップバリュ グリーンアイ 有機野菜ミックス 300g×3
  • トップバリュ 6種の和惣菜 90g×3
  • トップバリュ 梅がゆ 250g×2
  • トップバリュ 鮭がゆ 250g×3
  • トップバリュ キシリトール配合 ミント味ガム(フラボノイド入り)シュガーレス 143g×1

「なんで買い足しをさせていただいたかというと、私たち夫婦はふだんの食事からガッツリしたものが大好き。今回は特に暑くてよく汗をかき、余計に揚げ物が食べたくなってしまったので、から揚げを追加。(娘用につくね)また、ちょい足し野菜として役立つは、冷凍野菜、6種の和惣菜は、たくさんの種類の野菜が手軽に摂れて、おいしくて、このままだと3日間もたなそうだったので。他に、主人が主食のお粥は1袋だと物足りなかったということと、口さみしい時やストレスを感じた時に欲しくなる“ガム”を追加しちゃいました。

つまり、(1)自分たちの好きな物をきちんと用意していなかった、(2)3日間必要な量の算出が不十分だったというのが、最初に用意したもので足りなかった失敗要因です。

今後、ローリングストックする際は、この2点に注意して、備えたいと思います。」


ストック食の体験をして初めて分かったこと

ストック食の体験をして初めて分かったこと

「ストック食を3日間体験して強く感じたことは、“いつも食べているものがある”“飲んでいるものがある”という安心感です。お総菜もおせんべいも海苔も、ふだんから食べていたので違和感なく食べられました。お粥は具合の悪い時に食べるものという意識があったため、正直、最初は少し抵抗がありました。ですが、お粥と一緒にお惣菜や海苔を食べれば、不思議と安心感が生まれましたね。

それから、お粥やレトルトスープやカレーは、噛み応えのある具材が少ないので、噛み応えのあるものが食べたくなりました。災害時でご飯が喉を通らない時や、小さなお子さん、ご年配の方にはピッタリだと思うのですが、まだまだ元気な世代で、食事の体験だけした感想から言うと少し物足りなかったです。そんな時、冷凍野菜(ブロッコリー)は歯ごたえがある上にボリュームたっぷりで、他のものへのちょい足しもできる、すごく良い食品です。ふだんからよく使ってはいましたが、ローリングストック食品として、これからも常備しておきたいと思います。自然解凍で食べられる冷凍食品は、電気を使わずにおいしい野菜やお総菜が食べられるので、災害時には本当に助かると思います。

 でも、一番感じたことは『これだけしか食べられない』という中で食事をやりくりするちょっとした飢餓感です。

お腹が空いているわけではないですが、現代の私たちは好きな時に好きなものを食べることに慣れていますよね。コンビニに行けばなんでもある生活の中で、いざ災害に遭った時に、ふだんから食べているもの、好きなものが食べられなかったら食事の面だけでも、すごくストレスを感じるだろうと思います。今回、ストック食品は家族3人が好きなものをそろえましたが、それでも物足りなかったり、量が不足して追加購入をしちゃいましたからね…。実際、食事体験だけでも、なんだかんだ大変でした。ただ、意外と飲み物は、基本的に食事のときはお水、それ以外は、栄養補給も兼ねてドリンクゼリーとしていたので、量的には、ふだんストックしている量でちょうど良いということには驚きました。でも、季節によって湿度も違うし、食事の塩分や水分量、使用用途によっても変わるので、多めに用意していた方が安心ですね。

体験を振り返ってみると、大変だった分、いざという時に3日間生き延びるための、ストックしておくべき量や必要なものが分かった良い機会でした!

実際に3人家族が必要だった食品の量(家庭によりますのでご参考までに)

今回の体験を通じて、これからは、疲れも出てくる週の真ん中の水曜日を“ローリングストックの日”としたいと思います。ガスや火を使わなくても手軽においしく食べられる食品を夕ご飯にして、週末のまとめ買いの時に、食べたものを買い足したり、別の味を開拓したり、楽しみながら、ローリングストックのある暮らしをしていこうと思います。日用品を購入する時には、ほぼネットスーパーを使うので、重い荷物を運ぶ心配もないですし。『水曜日は楽ができる日♪週末は新しいものを買い込む日♪』と楽しく習慣化できたらと思います。」

3日間のストック食生活を体験していただいた佐藤さん一家。食事の管理を主にされている奥さまが、ローリングストックを取り入れると考えてくださり、とてもうれしく思います。この体験がいざという時のお役に立てばと願うばかりです。


食品だけじゃない!ローリングストックに必要なもの

ローリングストックとは、食品を備蓄するだけではありません。食事をするために、必要なものもや、災害時に役立つものをご紹介します。

水は貴重!だからこそそろえたいもの

紙皿(紙コップ)

紙皿(紙コップ)

災害に遭うと、断水になることが多いです。そうなると、手を洗う水、トイレを流す水、体を拭く水、飲み水、すべてが不足します。食器を洗うことなどできなくなってしまうため、使い捨ての紙皿・紙コップは必需品です。

ラップフィルム

ラップフィルム

意外な活躍をするのがラップフィルムです。災害でケガをしてしまった際には、止血するための包帯代わりとして役に立ちます。さらにねじれば荷物を運ぶ時の丈夫な紐にも変身します。そして、お皿に敷けば、清潔なまま、お皿の使い回しが可能になります。

こんな日用品が意外と一番必要!

マウスウォッシュ

マウスウォッシュ

熊本の震災では全国の歯医者さんがボランティア診療されましたが、そこではマウスウォッシュを勧めていたそうです。水がないので歯磨きの代わりかと思えば、実は肺炎防止のため。肺炎は口の中の菌が肺に入ることで感染するので、口腔内の菌を少しでも少なくするためにマウスウォッシュは必需品です。

アルコール消毒液

アルコール消毒液

水が貴重な被災地では、せっけんで手を洗うことが困難な場合が多いです。そのため、手を清潔に保つために、アルコール消毒液は必需品です。

綿棒

綿棒

被災地では下からも上からもホコリが舞い、耳の中もどんどん汚れていきます。そんな耳の穴や鼻の穴をキレイにすることができる綿棒は、衛生面からいっても必需品です。

爪切り

爪切り

それから爪切りも必需品です。被災した際、被災場所を元に戻すために手を使って物を運びます。しかも土や泥がついたもの運ぶので、爪が伸びていると、その中に土や泥などが入ってしまいます。しかし、水がないので手を洗えず、爪の中に泥が入ったままになってしまうので、爪切りが必要になります。

いかがでしたでしょうか?「ローリングストック」について少しご理解いただけたでしょうか?備蓄といわれると少し難しい印象がありますが、ローリングストックは災害に備えるとはいえ、日常生活で、多めに買いそろえておくだけなので、今日からでも取り入れることができます。ぜひこの記事を参考に、ご年配の方、アレルギーのある方、またペット用になど、それぞれのご家庭に合った、食品やその他必要なものをそろえてくださいね。

食事だけでもストック品生活を体験しておくと、自分の家族はどういうものがどれだけ必要か分かり、より役に立つ備えをすることができるので、ぜひ試してみてください。

イオングループでは、皆さまの生活の身近な存在であり続けるため、これからも商品開発に積極的に取り組んで参ります。

やさしごはん

ローリングストック

いま考える 防災のこと

安全・安心な未来をつくる防災対策


※このページに掲載している情報は、2018年9月12日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ戻る