台風を予測する先人の教え、「二百十日」と「二百二十日」

台風を予測する先人の教え、「二百十日」と「二百二十日」


暮らしの目安とされる暦の雑節に「二百十日(にひゃくとおか)」と「二百二十日(にひゃくはつか)」というものがあります。「二百十日」は立春から数えて210日目の新暦9月1日頃、「二百二十日」は立春から220日目の9月11日頃です。

この時期は、稲作の早稲(わせ)や中稲(なかて)が開花期を迎える頃ですが、台風の襲来で荒天続きになることが少なくありません。そこで「二百十日」と「二百二十日」は「八朔(はっさく)」とともに三大厄日とされ、農家では警戒されてきました。

現在でこそ台風の襲来が高い精度で予測できるようになりましたが、昔は台風を予測するすべがありませんでした。また、月の満ち欠けによる旧暦(陰暦)では、年によって日の気候にもずれがありました。こうした経緯から、暦に「二百十日」や「二百二十日」が書かれるようになったといわれています。


全国で行われる風祭り

「二百十日」と「二百二十日」は台風が来る日とされています。台風のことを古くは「野分(のわき)」と呼んでいました。野を吹き分ける力強い風という意味で名付けられたといいます。

日本各地で行われている「風祭り」は、野分によって農作物が被害に遭わないように祈りを込めたお祭りです。風祭りは、地域によっては「風日待ち(かぜひまち)」や「風籠り(かぜごもり)」とも呼ばれています。風祭りの日、農家の人々は仕事を休み、氏神様のお社などに集まって酒を酌み交わし、秋の豊作を祈願していました。

実際の風祭りとして有名なのは、富山県八尾町で行われる「おわら風の盆」です。お盆と風祭りが合わさった行事で、9月1日から3日まで行われます。胡弓が奏でる幻想的な音楽(越中おわら節)に合わせて、女踊り、男踊りが繰り広げられます。かつては三日三晩踊り通したそうです。

その他、奈良・竜田神社の「竜田祭り」をはじめ、新潟・弥彦神社や兵庫・伊和神社の「風鎮祭り」など、風鎮めのお祭りは全国に存在します。


9月1日は「防災の日」

「二百十日」は9月1日である年が多いですが、この日は「防災の日」です。これは関東大震災が1923年9月1日に発生したことに由来します。

この震災による死者や行方不明者は10万5000人以上といわれ、全壊家屋は10万戸以上に及びました。1923年の「二百十日」は9月2日で、関東大震災が発生した日ではありませんでしたが、このときの教訓に学び、地震や台風に対する防災意識を高める日とされています。

みなさんも台風や地震などの対策のため、防災グッズを今一度チェックしてみてはいかがでしょうか?


※このページに掲載している情報は、2018年8月27日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

参考文献

「暮らしのならわし十二か月」白井明大、有賀一広(飛鳥新社)、「暮らしのしきたり十二か月」神宮館編集部(神宮館)、「イラストでわかるおうち歳時記」三浦康子監修(朝日新聞社)

Make OIC! イオンで暮らし再発見

ページトップへ戻る