関東と関西では時期が違う!?大切な人に贈る「お中元」

関東と関西では時期が違う!?大切な人に贈る「お中元」


日頃お世話になっている人への贈り物として、夏に「お中元」、冬に「お歳暮」という習わしがあります。なぜ年に2回、夏と冬に贈り物をするのでしょうか?

お歳暮は、その年の締めくくりに、一年間お世話になった人へ感謝の気持ちを伝えるために贈ります。では、お中元にはどんな意味があるのでしょう?

実はお中元は、古い中国の行事が日本でアレンジされたものなのです。

中国では、中国三大宗教(仏教・儒教・道教)の一つである道教が盛んな時代がありました。その道教に「三元節(さんげんせつ)」という考え方があります。「三元節」は道教の神様である三神を祝う行事で、旧暦の1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」として祝いました。

それが日本に伝わり、ちょうどお盆の時期と「中元」が重なることから、先祖への供養とともに、親戚や知人に贈り物をする風習が生まれたそうです。これを起源として、現在の「お世話になった人へ物品を贈る」という習わしに発展したといわれています。

イオンの夏ギフトはこちら


贈る時期は?間に合わなかったら?熨斗(のし)はどうすればいい?

お中元を贈る時期は、地域によって異なります。お盆の時期までに贈る習わしですが、新盆(7月盆)か旧盆(8月盆)か、地域によって分かれるためです。

一般的には、関東は新盆なので7月1日から7月15日まで、関西は旧盆なので7月15日から8月15日までといわれます。間に合わなかった場合は、「残暑見舞い」として贈りましょう。

熨斗(のし)は、手渡しの場合、外熨斗にするのがマナーです。最近では郵送する場合が多いので、内熨斗も多くなってきています。


「お中元」の品物選び

お中元に何を贈ろうと悩む人も多いと思います。今回は定番の品を中心にご紹介しますので、参考にしてみてください。

ビールやワイン
お中元の定番といえばビール。暑い夏にぴったりです。最近ではワインを贈るのも人気だとか。

ジュース(ソフトドリンク)
アルコールはちょっと…という人にはジュースも人気。暑い夏に喉を潤してくれます。

ハムやソーセージなど
ハムやソーセージなどのギフトセットも定番。お子さんがいる家庭では喜ばれること間違いなしです。

フルーツ
メロンなど、旬の果物は心も癒やしてくれます。フルーツが好きな人も多いのでは?

そうめんやうどん
食欲がなくなりがちな夏には、そうめんやうどんなど、ツルっと食べられる麺類も人気です。

お中元の贈り物選びは、悩むことも多いですが、楽しくもあります。ちょっとした物でも、贈ればきっと喜ばれるはず。相手への感謝の気持ちを込めながら選んでみましょう。

イオンの夏ギフトはこちら


※このページに掲載している情報は、2018年7月9日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

参考文献

「暮らしのしきたり十二か月」神宮館編集部(神宮館)

Make OIC! イオンで暮らし再発見

ページトップへ戻る