お茶は薬だった!?新茶を飲んで健康祈願

こんにちは、AEON.com編集部です。
立夏を迎え、暦の上ではもう夏ですね。5月に入ると新茶が出回りはじめます。

新茶といえば、「夏も近づく八十八夜~」の歌い出しで知られる童謡「茶摘み」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。さて、八十八日は、いつから数えるかご存じですか?

答えは「立春(2月4日頃)」です。八十八夜とは、立春(2月4日頃)から数えて88日目の5月2日頃(閏年は5月1日頃)のことをいいます。

この時期は「八十八夜の別れ霜」といわれるように、気候が暖かくなりはじめ、もう霜が降りなくなり、春の終わりを告げる時期でもあり、茶摘みも始まります。

お茶は薬だった?!新茶を飲んで健康祈願


日本でのお茶の始まりは、平安時代、中国へ留学していた僧が中国からお茶の種を持ち帰ってきたことといわれており、昔から新茶をいただくとその年は無病息災でいられるとも、長寿になるともいわれています。

もともと新茶は、薬として使われていたことがあります。また、立春から八十八夜にかけて育ったお茶は、春の全ての気が満ちている間に育ったお茶で、生命力が詰まった長寿のお茶ともいわれていました。


新茶はどれを選べばいいの? ~お茶の種類~

新茶を飲みたいと思ってもお茶にはたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか分かりにくいので、代表的なものをご紹介します。

一番目に摘む新茶は、ほとんどが「煎茶」という名前で売られています。番茶やほうじ茶は「二番茶・三番茶」といい、一番目に摘めなかったものになります。

「煎茶」の中でも特にまろやかなものが「玉露」です。摘み取る3週間ほど前から光を遮断することで旨味やコクが増します。

「抹茶」は煎茶ではなく、甜茶という別の栽培方法(強い日差しが当たらないように栽培)で育てたお茶を蒸して乾かし、石臼でひいて粉状にしたものです。このため抹茶の新茶の時期は5月ではなく、半年後の11月になります。


おいしいお茶のいれ方

急須を温めるために、まず、急須に熱いお湯を入れ、しばらくしてからお湯を湯飲みなどに移します。

温まった急須に茶葉を入れ、蓋をします。この状態で茶葉は蒸されます。1分ほど経ったら、先ほど湯飲みなどに移したお湯を急須に戻します。

蓋をし、再び1分ほどおいて完成となります。湯飲みにお茶をいれていただきましょう。

新茶シーズンならではのお茶の味をぜひ、楽しんでみてください。

<あわせて読みたい記事>
緑茶 ~健康維持にも注目される生活に溶け込む日本茶文化~


※このページに掲載している情報は、2018年5月14日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

参考文献

「イラストでわかる おうち歳時記 」三浦康子 (監修)(朝日新聞出版)、「暮らしのならわし十二か月」 白井明大、有賀一広(飛鳥新社)

Make OIC! イオンで暮らし再発見

ページトップへ戻る