にんじん ~品種改良が進み、甘くて香りがよくジュースにしても美味しい野菜~

にんじん ~品種改良が進み、甘くて香りがよくジュースにしても美味しい野菜~


産地・生産

にんじんの英語名は「キャロット」。その名は、にんじんに多く含まれる黄色や赤色の色素「カロテン(カロチン)」からきているといいます。

にんじんは、アフガニスタンが原産国です。そこから、トルコ経由でヨーロッパへと伝わった西洋種と、中国の雲南地方を経てアジアに伝わった東洋種の2つに分かれました。

西洋種のにんじんは、私たちがよく知るオレンジ色。もともと紫色をしていたにんじんは、ヨーロッパで煮込み料理の色に映えるよう、品種改良が進み、オレンジ色が主流に。そして東洋種は、根にあるリコピンの影響で、濃い赤色が特徴のにんじんになりました。

日本へは室町時代に、東洋種のにんじんが伝わりましたが、江戸時代の後期になると西洋種も入ってきました。和食によく合うにんじんは、どちらの種も日本人の食卓に欠かせないものとなりました。

国内でもっとも生産されているのは北海道で、全国のにんじん生産の4分の1を担っています。千葉県や徳島県も生産量が多い地域です。真夏の暑さには弱く、15度から20度くらいの気温を好む野菜です。


種類

にんじんは煮込み料理に向くタイプと生で食べても美味しい種類があります。

5寸にんじん … 西洋種の代表的なにんじん。煮込み料理、炒めものや生食に向きます。春に収穫される新にんじん(春にんじん)は、甘みが強く水分がありサラダがおすすめです。

ミニにんじん … ベビーにんじんとも呼ばれ、10cmくらいの小型にんじん。そのままサラダやグラッセにして付け合わせにも。

金時にんじん … 東洋種の代表的な京にんじん。細長く鮮やかな赤色をしており、煮るとその赤がさえます。お正月用によく出回っています。

紫にんじん … 皮にあるアントシアニンという色素の影響で外側は紫色、中は濃い黄色をしています。大きさは5寸にんじんほどで、生で食べてもくせのない味です。茹でると色素が流出するので、色が薄くなってしまいます。

島にんじん … 沖縄県の在来種。ほっそりとごぼうのような形をしています。冬にのみ出回る品種で、生食も美味しいですが、火を通すとさらに甘みが増します。

金美 … 島にんじんを改良した品種。肉質がやわらかく甘みがあり、にんじん特有の香りがないため、とても食べやすいにんじんです。生食や炒めものに向きます。


一般的な5寸にんじんは、季節によって異なる生産地から出荷されているので、年間を通じて購入することができますが、旬の時期が年に2回あります。

新にんじん(春にんじん)と呼ばれる4月から7月の間と、冬にんじんが出回る11月から12月です。新にんじん(春にんじん)が生食に向くのに対して、冬にんじんは肉質が密で煮込み料理や炒めものに向き、火を通すことでより甘くなります。


買うときのポイント・選び方

全体的に皮にツヤがあり、太めで先が丸く、手にしたとき重みを感じるもの。にんじん特有の色がはっきりしているものを選びます。首部分が青いものは避け、葉付きの場合は、葉が生き生きした緑色のものを選びます。


保存方法・下処理

購入したにんじんは、冷蔵庫で保管します。葉が付いている場合は切り落とし、水分をふき取り、1つ1つラップに包みます。さらに冷えすぎないように新聞紙やキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れ、根を下向きに立てた状態で野菜室にて保管します。泥が付いているときは落とさずそのままで。

料理に使うサイズに合わせてカットし、冷凍保存することもできます。ただし、冷凍すると香りや瑞々しさが損なわれるので、煮込み料理などに利用するほうがよいでしょう。カットしたものを軽く茹でて冷凍すると、料理の際、火の通りが早く便利です。

生で食べるときは、真ん中の黄色い芯の部分を取り除きます。芯はみじん切りや細切りなどにして、炒めものへ。


注目すべき栄養

カロテン(カロチン) ビタミンC カリウム カルシウム


にんじんの皮の洗いすぎとむきすぎに注意

にんじんの皮はとても薄くできています。すでにきれいに洗浄されて売られているものは、食感を特に気にする料理以外は、皮をむかずにそのまま調理できます。

私たちが皮だと思ってむいている部分は、実の部分である可能性が高いです。栄養豊かなにんじんを無駄なく食べるために、洗いすぎと皮のむきすぎには、注意が必要です。


この食材を使ったレシピ


※このページに掲載している情報は、2018年5月9日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

参考文献

「暮らしのならわし十二か月」 白井明大、有賀一広(飛鳥新社)、「女性のための漢方生活レッスン」 薬日本堂 監修(主婦の友社)、「子どもといっしょが楽しい おうち歳時記 にっぽんの四季の行事12カ月」 季節の遊びを楽しむ会 (メイツ出版)、「東洋医学式 カラダとココロの整え方:一年中薬に頼らず暮らせる 季節にあわせた養生のすすめ」 鈴木知世 (河出書房新社)、「「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻」 高野紀子(あすなろ書房)、「二十四節気と七十二候の季節手帖」 山下景子 (成美堂出版)、「潮干狩りの疑問77」 原田 知篤(成山堂書店)、掲載誌『野菜だより』2009/盛夏号/P78,79、JAひまわり

Make OIC! イオンで暮らし再発見

ページトップへ戻る