昔は、ヒラメや小魚も捕っていた!?春の風物詩、潮干狩り

こんにちは。AEON.com編集部です。
だんだん暖かくなってきて、気持ちのいい気候になってきましたね。春から初夏にかけては、ピクニックやハイキングなどアウトドアが盛んになる時期です。なかでも、潮干狩りを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

潮干狩りとは、遠浅の浜辺で砂の中の貝を探して採ること。貝拾いや貝掘りともいい、春の季語にもなっています。貝を探して採ることは、一種の宝探しゲームのようなワクワク感があり、小さなお子さんにとって楽しいことのひとつではないでしょうか。

潮干狩りシーズンは、3月中旬から6月までの春から初夏が一般的です。

潮の満ち引きは、月と太陽の引力の影響によっておきます。干満差(満ち引きの差)が大きくなるのは春と秋。春は昼間に潮が大きく引き、秋は夜間に潮が大きく引きます。旧暦3月3日(現在の4月上旬)のひな祭りのころに大潮があり、昔からこの時期に潮干狩りが楽しまれてきました。夏になると潮が引く時間は短くなるので、初夏までが長く楽しめる時期になります。

ちなみに、潮干狩りは太平洋側が盛んで、日本海側では馴染みが薄いようです。これは日本海側の海峡がネックになって、潮が大きく引くことがないからです。潮干狩りはどこでも楽しめるイベント、というわけではないようですね。

「今」しか楽しめない!子どもも喜ぶ潮干狩りに出かけよう


潮干狩りに行こう

潮干狩りは、平安時代の絵画や江戸時代の浮世絵にも描かれ、古くから春の風物詩として親しまれてきました。江戸時代の文献には、品川や深川の沖に早朝から船でくりだし、引き潮で海底が陸地になったところに降りて、カキやハマグリなどの貝を拾い、それを肴に宴会をしたという記録が残っています。

貝類だけではなく、砂の中に隠れたヒラメや浅瀬に残っている小魚も捕ったそうです。今ではアサリがメインになっています。

アサリを採るために必要なものはクマデと貝を入れる容器(貝網やバケツ)です。

また、採ったアサリを元気なまま家に持って帰るには、クーラーボックスや保冷剤が必要になってきます。アサリの砂抜きには塩水を用いることが多いですが、せっかく海に来たのであれば、海水をペットボトルなどで持ち帰って砂抜き用として使ってもいいかもしれません。ただし荷物が重くなるので、注意が必要です。

あさり ~和洋中で楽しめるぷりっとした貝の旨味が嬉しい~

服装は、袖のあるシャツや膝が隠れるパンツが適当です。また、帽子は必ず着用するようにしましょう。安全な場所では素足や薄手の靴下でもいいですが、場所によってはサンダルや長靴も必要な場合があります。海に入るのでタオルは必須です。服が濡れた場合の着替え一式もあるといいですね。


潮干狩りの注意点

春の日差しはポカポカ暖かいですが、海水はまだまだ冷たいです。急に寒くなることもありますので、気温の変化には気を付けましょう。

また、場所によってはあっという間に潮が満ちてきますので、「潮が満ちたら帰りはじめる」ということを頭に入れておくことはとても大切なことです。貝探しに夢中になって帰れなくなった!なんてことになっては大変ですからね。

貝毒のニュースが時折報道され、心配される方もいらっしゃるかと思いますが、潮干狩り場として知られているところであれば大丈夫です。アサリやハマグリは元々人体に有毒な成分は持っていませんが、毒性のあるプランクトンを体内に蓄積することで毒化していきます。これが貝毒となります。

ただし、現代では、毒化の予知ができるようになってきましたので、管理されている場所であれば心配ありません。事故がなければ、きっといい思い出になるはずです。この春はぜひ潮干狩りを楽しんでみてください。


※このページに掲載している情報は、2018年4月16日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

参考文献

「暮らしのならわし十二か月」 白井明大、有賀一広(飛鳥新社)、「女性のための漢方生活レッスン」 薬日本堂 監修(主婦の友社)、「子どもといっしょが楽しい おうち歳時記 にっぽんの四季の行事12カ月」 季節の遊びを楽しむ会 (メイツ出版)、「東洋医学式 カラダとココロの整え方:一年中薬に頼らず暮らせる 季節にあわせた養生のすすめ」 鈴木知世 (河出書房新社)、「「和」の行事えほん〈1〉春と夏の巻」 高野紀子(あすなろ書房)、「二十四節気と七十二候の季節手帖」 山下景子 (成美堂出版)、「潮干狩りの疑問77」 原田 知篤(成山堂書店)、「江戸はスゴイ」堀口 茉純 (PHP新書)

Make OIC! イオンで暮らし再発見

ページトップへ戻る