冷凍しちゃいけないものもある?冷凍保存の基本【肉・魚介・卵編】

冷凍しちゃいけないものもある?冷凍保存の基本【肉・魚介編】

もうすぐ新生活の始まる季節。一人暮らしで自炊生活を始める方も多いと思いますが、一人暮らしだと食材を使い切れず、余らせてしまうことも多いのではないでしょうか。
編集部のお料理好きスタッフが、食材を無駄なく使うために覚えておきたい便利な冷凍保存方法を3回に分けてご紹介します!
今回は、肉・魚介編です!


【肉編】

肉類は冷凍焼けしやすい食材です。冷凍焼けしてしまうと見た目や風味が損なわれてしまいますので、できれば冷凍しないで使いきるのがベター。それでも余ってしまった場合、今回ご紹介する冷凍方法を試してみてくださいね。

牛肉・豚肉(薄切り肉・厚切り肉・ブロック肉)

牛肉・豚肉(薄切り肉・厚切り肉・ブロック肉)

・保存方法
肉はパックのまま冷凍するのではなく、まずクッキングペーパーで肉の表面の水気を拭き取り、ラップで包みます。このとき、薄切り肉は1食分を肉同士がなるべく重ならないように包む、厚切り肉は1枚ずつ包む、大きなブロック肉は使いやすいサイズに切り分けてから包む、といった点に注意しましょう。

ラップで包んだ肉は金属製のトレイなどに並べて冷凍庫に入れて急速冷凍します。肉が凍ったら、トレイからフリーザーバッグに移し替えて密閉保存します。

・目安となる保存期間
生のまま冷凍した薄切り肉や厚切り肉、ブロック肉は2~3週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。

鶏肉(むね肉・もも肉・ささみ肉)

鶏肉(むね肉・もも肉・ささみ肉)

・保存方法
鶏のむね肉・もも肉は使いやすい大きさに切り分け、クッキングペーパーで肉の表面の水気を拭き取ります。ささみ肉の場合は、このとき筋を取っておきましょう。そして肉を1つずつラップで包み、金属製のトレイなどに並べて冷凍庫に入れて急速冷凍します。肉が凍ったら、フリーザーバッグに移し替えて密閉保存しましょう。

・目安となる保存期間
生のまま冷凍した鶏のむね肉・モモ肉・ささみ肉は2~3週間、下味をつけた場合は3~4週間を目安に使い切りましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。

ひき肉

・保存方法
ひき肉は、手で直接肉に触れないようにしながら、フリーザーバッグの中に平らになるように入れます。このとき、小分けできるように上から菜箸で筋をつけてから冷凍すると、解凍したいときに必要な分だけ割って取り出すことができて便利ですよ!

・目安となる保存期間
生のまま冷凍したひき肉は、2週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。

ハム・ベーコン・ソーセージ

・保存方法
ハムやベーコン、ソーセージは調理時に使う量ごとに丁寧にラップで包んでフリーザーバッグに入れ、空気が入らないように密閉して冷凍保存しましょう。ブロックのハムやベーコンは使いやすいように切り分けて、同じようにラップで包んで冷凍します。

・目安となる保存期間
冷凍したハム・ベーコン・ソーセージは、3週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。


【魚介編】

魚(一尾・切り身)

魚(一尾・切り身)

・保存方法
魚を一尾丸ごと冷凍するときは、まず下処理として内臓や頭、えら、ウロコを取り除き、きれいに洗います。そしてキッチンペーパーできれいに水気を拭き取り、なるべく空気が入らないようにぴったりとラップで包んで、金属製のトレイなどに並べて冷凍庫で急速冷凍します。その後、魚が凍ったらフリーザーバッグに移し替えて冷凍しましょう。

魚の切り身を冷凍する場合は、パックでそのまま冷凍するのではなく、必ずパックから取り出してキッチンペーパーで水分を拭きましょう。あとは一尾の場合と同じようにしっかりとラップで包んで急速冷凍をし、その後フリーザーバッグで冷凍します。

・目安となる保存期間
生のまま冷凍した魚は、一尾・切り身ともに3週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。

干物

・保存方法
干物はなるべく空気が入らないよう1枚ずつラップで丁寧に包み、さらに上からアルミホイルで包んでからフリーザーバッグに入れ、冷凍しましょう。

・目安となる保存期間
生のまま冷凍した干物は、3週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。

エビ・イカ・タコ

・保存方法
生のエビは、下処理としてよく洗い、殻を剥いて頭と背ワタを取ります。キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取り、使いやすい分量ずつラップに包んだら、金属製のトレイなどに並べて冷凍庫に入れ、急速冷凍します。そしてエビが凍ったらフリーザーバッグに移し替えて密閉保存しましょう。

イカは冷凍しても味が落ちにくいので、冷凍保存に向いた食材。下処理としてワタや骨、皮などを取り除いたらよく洗い、クッキングペーパーでしっかり水気を拭き取ります。あとはエビの冷凍法と同じようにラップで包んで急速冷凍し、フリーザーバッグで密閉保存しましょう。

タコもイカと同じく冷凍保存におすすめの食材です。ただし、タコの場合は下処理が不要! 生のタコは、洗わずフリーザーバッグに入れて冷凍するだけで、解凍時に一緒にぬめりが取れてしまうのです。また、スーパーでよく売られている茹でダコを冷凍するときは、タコの水気をしっかりと拭き取り、小分けしてラップで包んでフリーザーバッグで冷凍しましょう。

・目安となる保存期間
生のまま冷凍したエビ・イカは2~3週間、生のタコ・茹でダコは3~4週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。

貝類(アサリ・シジミ・ハマグリ)

貝類(アサリ・シジミ・ハマグリ)

・保存方法
アサリ・シジミ・ハマグリなどの貝は、まず下処理として砂抜きをして洗います。そしてキッチンペーパーで水気をよく拭き取ったら、フリーザーバッグに平らになるように入れ、冷凍庫で密閉保存します。アサリやシジミ、ハマグリは冷凍することで、調理時に旨みが出やすくなるそうなので、クラムチャウダーやアクアパッツァなどに使うといいですよ!

・目安となる保存期間
冷凍したアサリ・シジミ・ハマグリは2週間を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。


【卵編】

・保存方法
卵は生のままよりは火を通した状態で冷凍保存することをおすすめします。ただ、茹で卵はそのまま冷凍すると白身がスカスカになり、食感が変わってしまうので、殻を剥いて潰してマヨネーズや塩コショウで調味をし、フィリング状にします。それらを小分けにし、ラップで包んでフリーザーバッグで冷凍しましょう。

・目安となる保存期間
フィリング状にした茹で卵は1カ月を目安に使い切るようにしましょう。なお、一度解凍したら再冷凍は避けるようにしましょう。


食材の冷凍に便利な保存容器はトップバリュにおまかせ!

HOME COORDY そのままレンジ保存容器 角型 S 5個入

「HOME COORDY そのままレンジ保存容器 角型 S 5個入」は、フタをしたまま電子レンジで加熱ができます。シンプルでおしゃれな見た目はもちろん、フタと本体のフチに溝がないため、洗いやすいのも嬉しいポイント。

HOME COORDY バルブ付き密閉保存容器 深型 M

「HOME COORDY バルブ付き密閉保存容器 深型 M」は、多めの食材もたっぷりと保存できる容量でありながら、すっきりと重ねることができるサイズ設計なので、冷蔵庫内の空間を無駄なく使えます。

Freezer Bag フリーザーバッグ チャック付き L

「Freezer Bag フリーザーバッグ チャック付き L」は密封性に優れ、乾燥や冷凍焼けを防いでくれます。食材の鮮度をきちんと保ってくれるのに、12枚で98円(税込)というコストパフォーマンスの高さも人気の理由です。

まとめ

初めて一人暮らしをする方や忙しい主婦のみなさん、今回ご紹介したように食材に合った冷凍保存のワザを覚えれば、食材を無駄にすることもなく充実した食生活を送れますよ!

ちなみにトップバリュは、日々の食卓やお弁当に使いやすい冷凍野菜・果物を豊富にラインナップしています。こちらもぜひ活用してみてくださいね!

トップバリュの冷凍食品をチェック


※このページに掲載している情報は、2018年3月15日時点のものです。
※商品情報を掲載している場合、価格変更、在庫切れや取扱終了となる場合がございますのでご了承ください。
※商品情報を掲載している場合、実際の販売商品と掲載写真のパッケージデザインなどが異なる場合がありますのでご了承ください。

Make OIC! イオンで暮らし再発見

ページトップへ戻る