SP画像用CSS
ハンドメイドはお好きですか!?ハンドメイドの良いところは、なんといっても世界に一つだけの物が作れるところ。
今回は、ハンドメイドショップ『Pandora House(パンドラハウス)』のスタッフ谷川さんに、最近よく耳にする“ズパゲッティ”について、お話を伺ってきました。
初心者の人でも、ぜひ、この機会に始めてみてはいかがでしょうか?


What is ズパゲッティ!?

服や小物などを製造する過程で大量に出る余り生地を使用、アップサイクルした糸のこと。一つ一つ、色、太さ、柄などの風合いが異なるので、お気に入りを見つけたらすぐに購入を!
この糸で作れるものは、バッグを始め、植木鉢カバー、クッションカバーなど、編み方次第でバリエーション豊富!バッグでもタッセルやチャームを付けたり、取り外し可能なファーを付け、季節によって変化を楽しむことができます。
まずは、どんな物が作れるかをご紹介します!

初心者の人が始めるなら、細編みで簡単に編むことができるミニバッグ。スマートフォンが入るサイズは、1時間程の短時間で作れます。

いくつかの編み方を覚えてみましょう!編み方を何種類か組み合わせたバッグは、まるで模様が入っているよう。せっかくの模様(編地)を見せるには、単色糸で編むのがオススメです。

なんだか難しそうなファジーな糸には、少し上級者になってから挑戦すべし!ふわモコな糸で編んだバッグは、一味違った風合いが出ますよ。

必要な物の選び方

ズパゲッティの中でも太めの糸は、かぎ針を握るように持つのがポイント!このように持つと、力が入りやすく手が疲れにくいです。

ミニバッグも編み上げられる分量の小さなサイズのズパゲッティ“ミニズパ”が登場。また、糸も細いものから太いもの、ファジーなものまで用途によって選ぶのも楽しいです。

▼このシリーズの記事はこちら

ページトップへ戻る